PR
PR

南北、12月初旬までに着工式 鉄道と道路の連結、閣僚級会談

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は15日、南北軍事境界線のある板門店の韓国側施設「平和の家」で閣僚級会談を開き、南北間の鉄道と道路の連結事業の着工式を11月末から12月初旬の間に行うことで一致した。韓国統一省が会談結果をまとめた共同報道文を発表した。

 実際の開催には軍事境界線直近の非武装地帯(DMZ)の南側地域を管理する在韓国連軍司令部の許可が必要とみられる。同司令部の主体は米軍で、米国の同意の有無が実施の鍵を握ることになる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る