PR
PR

「反移民」主張の団体がデモ 市民ら「差別反対」と抗議

 移民政策反対を掲げる団体の主催するデモが14日、全国各地で行われた。外国人の受け入れ撤回を求める発言に対し、「差別反対」と抗議する市民らが多数詰めかけ、周囲は異様な雰囲気に包まれた。

 横浜市鶴見区のJR鶴見駅前では、団体の約30人が演説すると、200人以上の市民が「差別を楽しむな」「日本の恥だ」と叫び、内容はほとんど聞き取れない状態に。観光客のドイツ人男性(35)は「これは移民問題を口実にしたヘイトスピーチだ」と批判した。

 東京・銀座などでも、団体の約50人が「日本に移民はいらない」と叫びながらデモ行進。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る