PR
PR

G20閉幕、市場安定へ協調確認 米中貿易摩擦の対応策は示さず

 【ヌサドゥア共同】インドネシア・バリ島で開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12日閉幕した。各国で同時株安が進むなど世界経済のリスクが高まる中、金融市場の安定に向け協調して取り組むことを確認した。米中の貿易摩擦への対応策は示さず、記者会見した議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は「解決は当事国間でなされるべきだ」と突き放した。共同声明の採択は見送られた。

 ドゥホブネ氏は「世界経済の安定のため、協力関係をいっそう強める必要があるとの認識で一致した」と成果を強調。「貿易摩擦は解決する必要性があるとの認識は共有した」とも説明した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る