PR
PR

車いすテニス、国枝と上地がV 日本勢で初の東京パラ代表に決定

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジアパラ大会は12日、ジャカルタで車いすテニスの男女シングルス決勝が行われ、男子は国枝慎吾(34)、女子は上地結衣(24)が制し、ともに2020年東京パラリンピックの出場権を獲得した。五輪を含む20年東京大会で個人の日本代表が決まったのは今回が初めて。

 国枝は04年アテネ大会から5大会連続出場となり、男子シングルスは08年北京大会、12年ロンドン大会と2連覇。上地はロンドン大会から3大会連続の出場となる。16年リオデジャネイロ大会では女子シングルスで銅メダルを獲得した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る