PR
PR

和楽器バンド、最新ビジュアルでAKB48衣装責任者・茅野しのぶ氏とタッグ

 和楽器バンドのニューシングル「細雪」(11月14日発売)の新ビジュアルが公開され、衣装デザインをAKB48グループの衣装責任者を務めるオサレカンパニーの茅野しのぶ氏が手がけたことが明らかになった。

【写真】「ヘビロテ」「恋チュン」などAKB48代表曲衣装

 詩吟、和楽器とロックを融合させた同バンドの独特な衣装テイストを残しながらも、茅野氏が得意とするポップカルチャー感を注入。これまでにない斬新なフォルムとなっている。

 茅野氏は「和楽器バンドの美しい音色と歌声を視覚的にも感じてもらえるように色味に一番こだわり、オリジナルデザインの柄を使用し、個人個人ではもちろん、全員がそろった時にきれいにグラデーションの様に見えるよう、色々な素材を率いて制作致しました。御本人それぞれの魅力を引き出せていたらうれしいです」とコメントしている。

 同曲はもともと、最新アルバム『オトノエ』(4月発売)のリードトラックだったが、リリース後ほどなくして、川栄李奈の初主演映画『恋のしずく』(20日公開)主題歌、京都を舞台にしたテレビアニメ『京都寺町三条のホームズ』(7月~9月放送)テーマソング、国際映画祭へ出品されたショートフィルム『遠い時間、月の明かり』の主題歌に決定したことが次々と発表され、11月14日にシングルカットされることが決定した。

【試聴】和楽器バンドの主な配信楽曲
【写真】充実内容の『AKB48衣装図鑑』に絶賛の声続々 歴史的&資料的価値に高評価
【写真】SKE48の歴史を衣装で振り返る 10年分を完全網羅した『衣裳図鑑』
和楽器バンド、新作歌舞伎『NARUTO』に楽曲提供 坂東巳之助「これ以上ない音楽」
アニメ『京都寺町三条のホームズ』、和楽器バンドがテーマソング

oricon news

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る