PR
PR

拉致問題解決「本気で」 家族会メンバー、菅氏に訴え

 北朝鮮による日本人拉致被害者の家族会のメンバーは12日、拉致問題担当相を兼務する菅義偉官房長官と官邸で面会し、確実な問題解決を訴えた。

 菅氏は冒頭、日本が主体的に問題解決に取り組む姿勢を改めて強調し、「(解決に資する日朝首脳会談の実現に向けた)段取りをつくっていくのが私の役割。みなさんの気持ちに寄り添い、その責任をしっかり果たしたい」と述べた。

 田口八重子さん=失踪当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(80)は「被害者を取り返すことに集中してもらいたい」と訴え、横田めぐみさん=同(13)=の母早紀江さん(82)も「必ず取り戻す、本気でやろうという思いだけを持っていただきたい」と語った。

残り:91文字/全文:392文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る