PR
PR

次世代車の技術開発、日中が連携 自動運転の国際規格統一で

 日本自動車工業会(自工会)と中国自動車工業協会は12日、自動運転など次世代車の技術開発で協力の覚書を締結した。国際的な開発競争の激化を見据え、自動運転の国際規格統一などで日中の業界団体が連携を深める。

 前を走る車との車間距離維持に必要な通信規格や、公道の交通規制の整備などで両者が情報を共有する。技術者交流も実施し、世界最大の自動車市場を抱える中国に日本の技術を売り込む狙いもある。

 次世代車の開発を巡っては、日本と中国の別の業界団体が8月、電気自動車(EV)の急速充電器に関し、次世代規格の共同開発に着手する覚書に調印している。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る