PR
PR

70年の大阪万博支えた企業展 2025年誘致に一役

 1970年の日本万国博覧会(大阪万博)でパビリオンのエアドーム式屋根などを設置し、斬新な構造やデザインが注目を集めた地元企業の歩みを振り返る特別展が、大阪企業家ミュージアム(大阪市中央区)で26日まで開催中だ。大阪が再び誘致を目指す2025年万博の候補地決定を11月に控え、機運の盛り上げに一役買っている。

 太陽工業(同市)は、東京ドームの屋根なども手掛けた「膜構造物」のメーカー。多くのパビリオンに膜構造物が使われた70年万博では、同社が大半を手掛けた。特別展ではエアドーム式屋根の「アメリカ館」や、「富士グループパビリオン」の模型などを展示している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る