PR
PR

米中首脳会談打診と報道 貿易摩擦緩和へ模索

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は11日、トランプ米政権が貿易摩擦の緩和へ向けて、11月末の米中首脳会談の開催を中国側に打診したと報じた。アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせ、トランプ大統領と中国の習近平国家主席の会談を模索している。

 米政権では、中国との対話による問題解決を模索するムニューシン財務長官やクドロー国家経済会議(NEC)委員長が首脳会談開催を推進している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る