PR
PR

韓国LCC就航延期 函館―仁川線、来夏に

[PR]

 【ソウル幸坂浩】韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空は11日、函館―仁川(インチョン)(ソウル)線に定期便を就航させる時期を、当初予定していた12月から来夏に延期する方針を明らかにした。胆振東部地震の影響などを考慮したとみられる。

 同社は当初、12月20日の就航を予定。189人乗りの機材で週3往復する計画を、新規路線の開設に取り組む函館市の工藤寿樹市長が明らかにしていた。

 同社広報は北海道新聞の取材に対し、就航時期について「今年ではなく来年の夏にする予定。(延期は)特別なことではなく、スケジュールは変更がありえるものだ」と説明した。同社は現在、新千歳―仁川線の運航も一時休止している。

 胆振東部地震以降、韓国からの来道客数は減少した状態が続いている。北海道旅行の希望者が前年同期比4~5割減ったという韓国の旅行会社もある。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る