PR
PR

水混入のガソリン販売 札幌の茂田石油 タンク配管に亀裂

[PR]

 北海道経済産業局は11日、茂田石油札幌新道東給油所(札幌市東区北34東18)で販売したレギュラーガソリンの一部に水が混入していたと発表した。

 経産局によると、水が混入した可能性があるのは9月29日午前7時から10月6日午後7時にかけて販売されたレギュラーガソリン。エンジンが不調の車が持ち込まれた自動車ディーラーから問い合わせを6日に受けた茂田石油が同日に調べたところ、ガソリンの地下タンクの配管の一部に亀裂が入っているのが見つかった。地下水が亀裂からタンク内に流入したとみられる。法的義務はないが、同社は経産局に報告していなかった。同給油所を利用したドライバーから経産局にエンジン不調の通報が9日にあり、表面化した。

 同期間に給油したのは約5500台。同社は給油した顧客への問い合わせ窓口を設けている。(電)080・2860・2168、080・2870・2393、080・2870・2386へ。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る