PR
PR

DeNA田中浩が現役引退へ 通算犠打歴代5位

 DeNAを戦力外となった田中浩康内野手(36)が現役を引退することが11日、分かった。9日にチームのクライマックスシリーズ(CS)進出がなくなった後に決断し「契約のある限り最後まで一緒にCSを目指して戦いたかった。一つの区切り」と話した。

 早大から2005年にドラフト自由獲得枠でヤクルト入団。二塁手でベストナイン2度、ゴールデングラブ賞に1度輝いた。通算302犠打は歴代5位。17年からDeNAに移籍し「ダッグアウト・キャプテン」として若手への助言も求められていた。通算成績は1292試合で1018安打、打率2割6分6厘、31本塁打、351打点。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る