PR
PR

関心広まる「HSC」 人一倍敏感な子たち 感受性豊か でも傷つきやすく

 「Highly Sensitive Child」を略した「HSC」。「人一倍敏感な子」「とても敏感な子」と訳される。感受性が豊かで人の気持ちや環境の変化によく気が付く一方、気疲れしやすく、ささいな叱責(しっせき)にも深く傷つく気質を持つ子どもを指す。3年前、一般向けの書籍で米国での研究が日本で紹介されてから、徐々に関心が広がってきた。従来の子育てのアドバイスでは対応が難しいこともあり、専門家は「『HSC』の子どもを持つ親は、他の親とは違う子育てをする覚悟も必要だ」と助言する。

 「うちの子はこれだ、と思いました」。道東に住む40代女性のユウコさん=仮名=は、そう振り返る。

■障害該当せず

 息子のショウタ君(6)=同=の子育てに長く悩んできた。赤ちゃんのころからよく泣くが、理由が分からない。慣れない洋服や食べ物、遊びをとても嫌がり、子育て広場でも楽しそうに過ごしていたかと思うと、ふとしたことで泣きだす。

 発達障害と知的障害の検査を受けたが、該当しなかった。「お母さんが何か問題を抱えていない?」「甘やかしたから、こうなったのでは」―。親戚や友人の言葉にショックを受け、育児方針を巡って夫ともめることも多かった。

 今春、HSCについて知り、ようやく理解できた気がした。息子は敏感なために、不快だったり、不安な思いをしているのかもしれない。泣きやむのを待ち、ゆっくり理由を聞くようにした。すると、以前の嫌な経験をよく覚えていて、同じ場面に不安を抱くことが多いと分かった。

 例えば、菓子店で好きな商品が欠品していたことにショックを受け、後日、同じ店に行こうとして嫌な思いがよみがえり、「行かない」と泣いて拒んだこともあったという。

 その後、ユウコさんは不安を和らげるような言葉をかけるよう心がけた。すると、泣く回数が減り、泣いても短時間で落ち着くようになった。「HSCのような子どもがいることを広く知ってもらえると、気持ちが楽になる親子は多いと思う」とユウコさんは話す。

残り:2460文字/全文:3296文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る