PR
PR

難民五輪選手団、「現実伝える」 東京大会で、UNHCR

 【ブエノスアイレス共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のグランディ高等弁務官は10日、ブエノスアイレスで取材に応じ、2020年東京五輪での結成が決まった「難民五輪選手団」について「海外の惨事が身近ではない日本に、現実を伝える力強いメッセージになる。それこそが東京大会で結成する意義だ」と訴えた。

 取材に同席した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は東京五輪を東日本大震災からの「復興五輪」と位置づけていることを引き合いに「スポーツが希望、自信をもたらすことが共通点だ」と指摘した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る