PR
PR

紅葉に染まる錦仙峡 滝上で散策イベント

 【滝上】町内の錦仙峡の紅葉を眺めながら散策するイベントが8日に開かれ、オホーツク管内や旭川市などの参加者約210人が鮮やかな赤や黄色に染まった光景を満喫した。

 錦仙峡は渚滑川の渓谷で、ヤマモミジやイタヤカエデなどが色づく紅葉の名所。散策イベントは町観光協会が毎年行い、参加者は渚滑川沿いの遊歩道4・8キロと、ハーブガーデンにも立ち寄る6・1キロの2コースに分かれて歩き、錦の衣をまとったような美しい景色をカメラに収めた。

 町民有志のボランティアが案内し「木のえぐれた部分はシカが食べた跡です」などと解説。紋別市の佐藤千鶴子さん(65)は「紅葉はきれいで、渓谷もダイナミックだった」と満足した様子で話した。同協会によると、紅葉の見ごろは今月下旬まで。(泉本亮太)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る