PR
PR

日米野球、日本ハム上沢が代表入り 11月9日から6試合

 野球日本代表の稲葉監督は10日、11月に行われる日米野球の日本代表メンバーを発表した。日本ハムの上沢が代表に初選出された。

 8月に先行発表していた筒香(DeNA)ら5選手に加え、大瀬良(広島)、山田哲(ヤクルト)、岸(楽天)、山川(西武)ら23選手を選んだ。森(西武)、岡本(巨人)、新人の東(DeNA)ら初代表の若手も名を連ねた。

 東京都内で記者会見した稲葉監督は「今年は東京五輪に向けて試すことができる年と位置付けている」と語り、米大リーグのオールスターチームとの対戦について「(相手は)世界最強。経験を積んで大きく成長し、稲葉ジャパンの中核になるステップにしてほしい」と選手たちに期待した。

 上沢については「ゆったりしたフォームから力強い球を投げ、初めての対戦では打ちづらい。メジャーの選手にどこまで通用するか見てみたい」と話した。

残り:142文字/全文:512文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る