PR
PR

在留資格変更、過去最多に 日本企業就職の留学生

 法務省は10日、日本の企業などへの就職を目的にした留学生の在留資格変更を2017年は2万2419人に許可したと発表した。前年から2984人増えて過去最多。

 変更許可申請を受けた17年の処理人数は2万7926人(前年比6028人増)で、許可率は80・3%だった。

 変更を許可された人を国籍・地域別に見ると、中国が1万326人で最多だった。前年から86・2%の大幅増となったベトナムが4633人で続き、73・6%増のネパールが2026人、韓国1487人、台湾810人。アジア諸国で全体の95・5%を占めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る