PR
PR

東京五輪で難民選手団結成 IOC、リオ五輪は10選手

 【ブエノスアイレス共同】国際オリンピック委員会(IOC)は9日、ブエノスアイレスで総会最終日の審議を行い、2016年リオデジャネイロ五輪で初めて結成した「難民五輪選手団」を20年東京五輪でも継続することを正式決定した。大会組織委員会や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と連携して参加基準を設け、20年に出場選手を発表する見通し。

 リオ五輪では、内戦が続くシリアから海を泳いで欧州に渡った競泳女子のユスラ・マルディニら3競技の10選手が特別参加した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る