PR
PR

「建材運送で石綿被害」 元出入り業者男性、国提訴 札幌

[PR]

 札幌市内の建材製造工場から建材を運送する際にアスベスト(石綿)対策がなかったために石綿を吸い、健康被害を受けたとして、出入り業者の元従業員の男性(74)=札幌市=が9日、国の責任を認定した最高裁の「泉南アスベスト訴訟」判決に基づき、慰謝料1265万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を札幌地裁に起こした。

 2014年10月の泉南判決は、1958~71年に石綿工場で働き、健康被害を受けた患者について国の賠償責任を認定。北海道アスベスト被害者支援弁護団によると、工場従業員でなく、出入り業者の従業員が提訴するのは道内で初めて。

残り:286文字/全文:549文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る