PR
PR

カルビーのポテチ 始まりは小清水 PRへ復刻版発売

 【小清水】カルビー(東京)は8日から、1975年の発売当初のポテトチップスのパッケージを復刻し、オホーツク管内小清水町産のジャガイモを100%用いた商品を、セイコーマート全店で販売する。

 ジャガイモ生産が盛んな同町内の食品工場を譲り受けたカルビーは、75年から同社初のポテトチップス製造を始め、90年代後半まで操業した。今年4月で開町100年を迎えたことを記念し、同町が「カルビーポテトチップス発祥の地」をPRしようと、同社とコンビニエンスストア大手セコマの協力を得て実現した。

 復刻版のパッケージは、ロゴマークや会社名など発売当初のレトロなデザインを再現した。裏面には、かつて町内にカルビーの工場があったことや、開町100年を伝える文章や写真も添えている。

 内容量は発売当初と同じ90グラムで、現在流通している商品より多めという。味付けは「うすしお」のみで、価格は1袋179円。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る