PR
PR

函館の両親殺害 長男を不起訴処分

[PR]

 【函館】函館地検は4日、函館市神山3で両親を殴り殺したとして殺人などの疑いで7月に逮捕、送検された長男(41)を不起訴処分にした。鑑定留置の結果、刑事責任を問えないと判断した。函館地裁は同日、地検の申し立てを受け、医療観察法に基づく鑑定入院命令を出した。

 長男は6月29日~7月2日の間、自宅内で父(70)と母(71)の頭などを自宅にあった棒のようなもので殴り、殺害したとして、殺人と死体遺棄の疑いで逮捕、送検された。

 捜査関係者によると、長男は「もう1人の自分がやった」などと意味不明な供述をしていたといい、地検は9月27日までの2カ月間、鑑定留置していた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る