PR
PR

変えるとき 耐えるとき

[PR]

 離婚のご相談を受けたとき、まず別居してしばらく生活するだけの資金の用意がなければどうにもならない、という場面はよくあります。

 若い方はご実家に頼るという形でこの問題をクリアすることも多いのですが、ある程度の年齢層になるとそうもいかないものです。

 弁護士費用は、法テラスを利用して立て替えを受けることができ、実はあまり問題とならないのですが、別居生活を立ち上げる資金や当座の生活費は、ご自分で算段するほかありません。

 相手から婚姻費用(生活費)を受けとる権利はあるものの、実際に受けられるようになるまでは何ヵ月もかかるのが通常です。

残り:392文字/全文:658文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る