PR
PR

教育勅語「道徳に使える」 柴山文科相

[PR]

 柴山昌彦文部科学相は2日、就任後の記者会見で、戦前の教育の基本理念を示した教育勅語について「現代風にアレンジをした形で、道徳などに使えるという意味で普遍性を持っている」と述べ、是認する意向を示した。

 柴山氏は、同胞を大切にするなどの基本的な記載内容を、現代的にアレンジして教える動きがあることについて「検討に値する」と説明した。政府は昨年3月、教育勅語について「教材として用いることは否定されない」との答弁書を閣議決定。野党や教育学者から「教育勅語の排除、失効を決めた国会決議に反する」「戦前回帰の動きだ」などの批判が出ていた。(尾張めぐみ)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る