PR
PR

【動画】島牧村でクマ捕獲、駆除 出没繰り返した個体と同一か

 【島牧】29日午前0時半ごろ、後志管内島牧村原歌町で、山際の集落内の空き地に設置していた箱わなに雄のクマ1頭が入っているのを、警戒中の地元猟友会メンバーが確認した。クマは同日午前8時半ごろ、猟友会によって駆除された。

 村によると、クマは推定4~5歳で、体長約1・7メートル、体重106・5キロの雄。箱わなを設置した付近では、8月上旬から9月28日までにクマの出没情報が村に約30件寄せられ、停泊中の漁船内のホッケを食べたり、民家敷地内に侵入していけすの柵を壊したりする被害が出ていた。

 猟友会は、大きさや顔つきなどから、駆除したのは、同町内に相次いで出没していたクマと同じ個体とみている。

 これを受け、村は猟友会への出動要請を解除したが、別の個体が被害を及ぼす恐れもあるため、村内4カ所に設置した箱わなのうち1カ所は残すことを決めた。藤沢克村長は「ひとまずほっとした」と話した。(岩内江平)

全文:396文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る