PR
PR

高校野球の球数制限

 今年、100回目を迎えた夏の全国高校野球選手権。球児の全力プレーに多くの人が魅了される一方、今大会では金足農(秋田)の吉田輝星(こうせい)投手が計881球を投げ、選手の健康面を危惧する声も上がった。投手の球数制限導入も話題になったが、ルール化すると複数の投手が必要となるなど、不公平感があるといった反対意見も。「球児ファースト」の大会にする取り組みについて専門家に聞いた。

■投げ過ぎぬルール必要 神戸大大学院准教授・高田義弘さん

■野球が変わってしまう 野球評論家・里崎智也さん

残り:2574文字/全文:2813文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る