PR
PR

災害時ドローンで新聞配達 道新販売所経営者ら旭川で実験

 【旭川】札幌圏の北海道新聞販売所の若手経営者らで作る「道新青年会札幌ブロック」は21日、ドローンを使って新聞を輸送する実証実験を旭川市内の永山新川の河川敷で行った。災害時でも配達手段を確保するのが狙い。

 地震や水害で橋が崩落し、道路が寸断されたと想定。約50センチ四方のドローンに新聞10部を入れた搬送用ケースを付けて飛行する実験を3回行った。離陸から約1分で約200メートル先の対岸の目的地に着陸した。

 実験を発案した北海道新聞永田販売所(札幌市豊平区)の伴野卓磨副所長(41)は「1回あたりの輸送部数は少ないが、何度も飛行すればある程度の部数を運べることがわかった。緊急時の実用化に向け研究したい」と話す。今後、災害時の輸送手段確保のほか、人手不足を補うための新聞配達の自動化も検討する考え。

 実験は、ドローンを使った農薬散布や空撮を手がけるレイブプロジェクト(旭川)が協力した。(小川正成)

全文:399文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る