PR
PR

涼しげ 秋の音 室蘭市青少年科学館がスズムシ配布

 道内初の科学館として知られる室蘭市青少年科学館で、毎年恒例のスズムシの無料配布が行われている。秋めく中、自宅で虫の音を楽しもうと、来館者が容器に入れて持ち帰っている。

 市内在住者が自宅で飼育し、「びっくりするくらい増えた」と、全長4センチほどの約400匹を寄贈した。スズムシはリンゴやナシ、金魚用の粉末の餌を食べ、衣装ケースの中で元気よく跳びはねている。

 見学学習で訪れた市立八丁平小2年の小笠原りのんさん(8)は「クラスの皆で大切に育てたい」。引き取り手を待つスズムシは夜ごと、凜(りん)とした姿で「リーン。リーン」と鳴き続けている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る