PR
PR

ボランティア 息の長い支援が必要だ

[PR]

 胆振東部地震で大きな被害に遭った胆振管内の自治体で、ボランティアの活動が始まっている。

 すでに大勢のボランティアが、被災地を心配して駆けつけていることを歓迎したい。

 被災の状況によって、必要な人数やニーズは刻々と変わる。

 まずは最新の情報をしっかりと把握することが重要だ。その上で現地に行く際は、準備に万全を期す必要がある。

 地震発生直後は、警察や消防、自衛隊などの救助・救援活動が中心だったが、これからはボランティアの役割も大きくなる。

 被災地の社会福祉協議会は、災害ボランティアセンターを立ち上げ、厚真、安平両町は希望者の事前登録を求めている。

 看護や介護などの経験者もいるだろう。専門知識や特技を生かしてもらいたい。

 ボランティアは、食料や飲料水、ヘルメット、軍手、マスク、上靴などの必需品を自分で用意しなければならない。

 今も余震が続いている。損傷した家屋が倒壊したり、土砂災害が起こる危険もある。

 二次災害を防ぐために細心の注意を払い、決して無理をしないよう心掛けたい。

 ボランティアには原則、労災が適用されず、行動には自己責任が伴う。居住地の社協で、事前にボランティア活動保険に加入しておくことが欠かせない。

 こうした準備が不十分で、被災地に迷惑をかけてしまっては、本末転倒である。

 ボランティア活動が、一方的な善意の押しつけになってしまわぬよう気を付けるべきだ。

 「してあげる」といった姿勢ではなく、被災者の意思を尊重して活動することが求められる。

 支援の方法は、ボランティアだけではない。義援金や、支援物資の送付、ふるさと納税による寄付なども立派な貢献と言えよう。

 北見市の日本赤十字北海道看護大は、被災地に段ボールベッドを送った。床で寝るより衛生的で負担も少なく、エコノミークラス症候群を防ぐ効果もある。

 どの自治体で今、支援物資は何が足りなくて、何が役立つのか、ニーズを確かめた上で送ることが大切だ。

 過去の災害では、ボランティアが時間の経過とともに減ってしまう傾向があった。

 一過性ではなく、息の長い支援を通して、道内でも支え合いの文化を育んでいきたい。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る