PR
PR

届け 希望のあかり 小樽のホテルが点灯

 胆振東部地震の影響を受けた市民や観光客らを励まそうと、小樽市築港のホテル「グランドパーク小樽」は14日、客室照明を使い建物の壁面に「HOPE(希望)」の文字をつくる点灯イベントを行った。

 同ホテルのスタッフが企画。HOPEの4文字には「北海道に希望のあかりをともそう」との意味を込めた。14日は山側の客室を空き室にして、7~18階の客室計46室に明かりをともし文字を作った。日没後の午後6時すぎになると、4文字が浮かび上がった。

 同ホテルの担当者は「文字を見た市民や観光客の方が少しでもほっとした気持ちになってもらえれば」と話していた。(徳留弥生)

全文:275文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る