PR
PR

セーリング高橋組が最終レースへ W杯第4日、男子49er級

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会第4日は14日、神奈川県江の島ヨットハーバー沖で行われ、男子49er級は十分な風が吹かなかったために予定のレースが中止となり、前日までに9レースを終えて9位につけていた高橋稜(オークランド大)小泉維吹(早大)組が上位10艇による15日の最終レースに進んだ。

 男女の470級も風が弱くレースが実施されなかった。男女ともに6レースを終え、男子は岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組が首位、女子は吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が5位につけている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る