PR
PR

<9.6胆振東部地震 くらしを守る>ネットのデマ ご注意 公式発表なし/時間不明/臆測/伝聞 拡散前に真偽確かめて

 災害時、情報は重要だ。スマートフォンの普及で、会員制交流サイト(SNS)などネットでさまざまな情報を得られるが、6日発生した胆振東部地震では「携帯が使えなくなる」などのデマや誤情報が流れたケースがあった。安易に信じたり、誤情報を拡散しないために、何に注意したらいいかを専門家に聞いた。

 「拡散希望! NTTの方からの情報です。停電で4時間後に携帯電話が使えなくなるらしいです。知り合いから聞きました」

 6日午前から、ツイッターやLINEに公式発表ではない情報の投稿が出回った。NTTドコモ北海道支社には午前から午後にかけ数十件の問い合わせがあり、「『数時間で使えなくなる』というのは誤りと説明した」という。午後に入ってやや沈静化したが、その後も「ソフトバンクの友人から」「2時間後に」などと、一部が改変された情報の拡散が夜まで続いた。

 「家族など特定の人でやりとりするLINEでの情報が、伝言ゲームのように伝わるうちに誤ったものに置き換わり拡散する傾向があった」。災害時に人工知能(AI)を活用し、SNS上の誤情報解析などを行うスペクティ社(東京)の最高経営責任者(CEO)の村上建治郎さんは話す。

 同社の分析では、こうした情報は「~時間後に」と期限を切るケースが多く、村上さんは「水道などのライフラインに関する情報で時間を設定されると、焦って正常な判断ができなくなる危険性がある」と話す。

 同社は、真偽不明な情報の特徴として「公式発表なし」「時間不明」「臆測」「伝聞」を挙げる=図=。

 携帯電話のデマも「情報源が不明で、いつから4時間後なのかが分からず、可能性という臆測で、知り合いから聞いた、という伝聞」(村上さん)。デマ情報の典型例だったと言える。

 一部断水していた札幌市や北見市などで「全面断水」などとの誤情報も拡散した。最大1万5千戸が断水した札幌市では、市水道局に午前8時すぎから夜まで問い合わせが殺到した。同9~11時は1時間あたり1600件近くに達し、同局は「断水や漏水に対応する本来業務に支障が出たのが悔やまれる」とする。

 根拠のない地震情報も6日未明から続いた。

 「知人情報です。地鳴りがしたから本震が来ると自衛隊から聞いた人がいる」「東日本大震災や熊本地震と同じで、2日後に本震が来るらしい」―といった内容で、札幌市中央区の主婦(35)は「つい、信じてしまう気持ちもあって、『本当なの?』といろいろな人に確認した」という。

 大分県立芸術文化短大非常勤講師で、SNSの誤情報拡散について詳しい七條麻衣子さんは「情報の発信前に、誰かの被害や混乱につながるかを考えることが重要」と強調。今回の「断水」と「地震」の情報は、「あやふやなのに情報を共有しようと拡散した典型的なケースだ」とする。

 七條さんは、自治体や公的機関が把握できない店舗の行列など生活情報の共有は「ある程度は必要」としつつ、「基本的に伝聞形式は混乱を招く可能性がある。ツイッターなら『公式リツイート』という発信元と時間が明示されている転載以外は慎重に投稿して」と正確な発信を呼びかける。

 また、情報を受ける側についても「公的機関のSNSなど、確実な情報源を事前に確認しておくこと」を勧める。また、LINEの“会話”のスマホ画面を保存した画像を、他人も見ることができるツイッターに安易に投稿するなど、「まだ一般の人が予期しない情報拡散法もある。家族や仲間でLINEのルールを決めておくとよい」と話している。(末角仁)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る