PR
PR

観光リンゴ園オープン、保育園児丸かじり 南部

 青森県南部町の観光リンゴ園が13日、オープンした。澄み切った青空の下、招待された園児たちが早速リンゴ狩りを楽しみ、秋の実りを味わった。

 果樹農家の川守田義雄さん(68)が営むパノラマ観光果夢園が、なんぶ保育園の園児27人を招待。川守田さんは「愛情をいっぱい注いで育てたので、いっぱい食べて」とあいさつすると、園児を代表して三浦寛菜ちゃん(6)、中野琉海ちゃん(5)が声をそろえ「大事なリンゴをおいしくいただきます」とお礼を述べた。

 川守田さんからもぎ方を教えてもらった園児は、赤く色づいたリンゴを丸かじり。「甘くておいしい」「歯が取れそう」と言い、口いっぱいにほおばった。

 川守田さんによると、今年の実は幾分小ぶりなものの、台風による落果もほとんどなく、甘みも十分。営業は11月半ばまでで、これからシナノスイートやサンふじなどが楽しめるという。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る