PR
PR

【回答者 高野俊太郎弁護士】レンタルDVD、高額延滞金の支払い義務は

 質問 レンタルDVDをお店から借りたのですが、返却するのをすっかり忘れていました。1年ほどたって、延滞金が1日500円だとして、18万円ほどの請求が届きました。DVDは買っても数千円程度なのに、高額の延滞金を支払うことに納得できません。


 回答 レンタルDVDを借りるには、お店側と会員契約を締結するのが通常です。そして、ある契約を締結した場合、その契約に従った義務を負わなければならないので、契約内容に従って延滞金を支払わなければならないのが原則です。

 ただ、ご質問のように、その商品の価格をはるかに超える延滞金まで支払わなければならないかはまた別問題です。

 この点、お店側は事業者であり、客側はその店舗を利用する消費者ですので、消費者契約法という法律が適用されることになります。この法律は、事業者と消費者側の情報や交渉力等に差があることを考慮し、不利益な契約を締結せざるを得ない消費者を保護するための法律です。そして、この法律では、信義誠実の原則に反して消費者の利益を一方的に害する契約は無効になるとされています。

 延滞金というものは、返却の遅れによりお店側に生じる損害を賠償するためのものですが、延滞金の金額に合理的な上限がなければ、消費者側に過大な不利益を課すことになる一方で、お店側に対しては、本来の損害以上の利益を与えることになります。

 このように合理的な上限を超えた損害を請求できるとする契約内容は消費者契約法に反して無効であると判断できます。

 そして、損害の合理的な上限とは、レンタルDVDの場合、そのDVDの再調達価格(つまり、お店側の購入額)が一つの目安となると思われます。なぜなら、お店側は返却してもらえないDVDと同一のDVDを購入してそれをレンタルすることも可能だからです。

 本件において、18万円という請求に応じる必要はないと思いますが、少なくともDVDの再調達価格は支払わなければならないと思われます。いずれにせよ、それなりの金額にはなりますので、借りたものの返却は忘れないようにしましょう。

(たかの・しゅんたろう)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る