PR
PR

安平町の小中学校、一部が授業再開

 【安平】胆振東部地震で震度6強の揺れに見舞われた胆振管内安平町で13日、小中学校全6校のうち4校が授業を再開した。台風21号で5日が臨時休校となったこともあり、児童生徒らの登校は9日ぶり。

 このうち安平小(21人)では午前7時40分ごろから、児童たちが保護者に付き添われたり、スクールバスを使ったりして登校。授業前の全校集会で木村義人校長は「皆さんの元気な顔を見て安心しました。学校ではものが壊れてしまいましたが、少しずつ回復していきます。頑張っていきましょう」と呼び掛けた。

残り:203文字/全文:442文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る