PR
PR

クマ捕獲や出動、1千万円超す 報奨金額に異議 島牧村議会否決

[PR]

 【島牧】定例村議会が12日開会し、本年度一般会計補正予算案を賛成少数で否決した。7月末から出没が相次いだクマの捕獲や出動への報奨金1156万円を村が計上したところ、複数の村議から「住民理解を得られない」との反対意見が出た。

 報奨金は村の交付要綱に基づき算出し、クマの捕獲奨励金は1頭9万5千円。猟友会の要望を受け2013年度に1万5千円から7万5千円になって以来、年5千円ずつ増えている。村によると、他町村は共和町10万円、寿都1万円、黒松内3万円など。出動報償費は島牧が1人1回3万円(緊急駆除要請時)で、寿都は1回1万4600円、共和は年70万円で猟友会に委託している。

残り:206文字/全文:494文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る