PR
PR

空港民営化 北海道空港など1次審査通過 チャンギ連合落選

[PR]

 道内7空港の一括民営化で国土交通省は12日、運営事業者選定に応募した企業連合4陣営のうち、3陣営が1次審査を通過したと発表した。企業名は非公表だが、関係者によると通過したのは▽北海道空港(HKK)、三菱地所、東京急行電鉄、日本政策投資銀行など▽オリックス、バンシ・エアポートなど▽パリ空港公団(ADP)、加森観光、東武鉄道グループ、東京建物など―の3企業連合。

 1次審査には、ほかにシンガポールの空港運営会社チャンギ・エアポート・グループが中心の企業連合が応募していた。

残り:279文字/全文:515文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る