PR
PR

道庁本庁舎など節電率50%超え

[PR]

 道は12日、胆振東部地震の発生を受けて節電に取り組んだ10~12日の本庁舎などの節電率が、50%を上回ったと発表した。

 対象は、ほかに道議会庁舎と道庁赤れんが庁舎。3日間の最大電力は636~674キロワットで、地震前の5日に比べ50・4~53・4%の節電を達成した。

 本庁舎のエレベーター8基のうち4基を停止したほか、廊下と執務室の照明を2分の1程度消灯。換気のための空調設備も止めた。(竹中達哉)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る