PR
PR

習氏、日中関係「大きく発展を」 歴史や台湾問題でけん制

 【ウラジオストク共同】中国国営通信の新華社は12日、日中首脳会談で、習近平国家主席が「中日関係は正常な軌道に入った。双方が歩み寄りを続けて、両国関係を大きく発展させていく必要がある」と述べたと伝えた。

 習氏は1972年の日中共同声明など日中間の四つの政治文書を順守する必要性に触れた上で「日本は歴史認識、台湾などセンシティブな問題を適切に処理する必要がある」と述べ、安倍晋三首相をけん制した。

 中国が主導の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」については「中日が協力を深めるための新たなプラットフォーム。日本と共に実務協力の新たな道を切り開きたい」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る