PR
PR

杉内投手「これ以上はわがまま」 涙で引退会見

 巨人の杉内俊哉投手(37)は12日、東京都内のホテルで記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。「松坂世代」を代表する投手として通算142勝を挙げたが、2015年に股関節の手術を受けて以降は1軍での登板がなく「これ以上は僕のわがままになってしまう」と決断した理由を語った。

 最近は若い選手を自然と応援する気持ちになっていたという。「心のどこかで野球選手でなくなっているなというのがあった。勝負師として違うかなと感じた」と涙をこらえ切れずに話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る