PR
PR

登別のゲストハウス 災害ボランティアを1泊千円で受け入れ

[PR]

 【登別】JR登別駅前のゲストハウス「赤と青」(登別市登別東町2)は12日、胆振東部地震の被災地で活動する災害ボランティアを1人1泊千円で受け入れるサービスを始めた。

 胆振管内厚真町などの被災地では、断水などにより宿泊場所の確保が難しい。苫小牧市でも、復旧工事の関係者などでほぼ満杯状態という。

 「赤と青」の通常宿泊料金は1泊4千円。38人収容で、シャワー室と無料の公衆無線LAN「Wi―Fi」を備える。食事はなし。問い合わせは赤と青(電)0143・83・7680へ。(池田静哉)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る