PR
PR

道内2日連続冬日 弟子屈町川湯で氷点下0.1度

[PR]

 道内は12日早朝、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、内陸部を中心に冷え込み、90地点で今季最低気温を記録した。釧路管内弟子屈町川湯では氷点下0・1度を観測し、道内は前日に続いて冬日となった。札幌管区気象台によると、9月中旬に道内で2日連続冬日となるのは観測史上初めて。

 気象台によると、オホーツク管内斜里町宇登呂は3・4度まで下がり、9月として観測史上最低気温を記録した。このほか、12日午前の最低気温は稚内市沼川で0・9度、釧路管内標茶町で1・1度、上川管内幌加内町朱鞠内で1・4度。札幌も10月上旬並みの10・5度だった。

 気象台によると、12日の日中や13日以降は気温が平年並みに戻る見通し。(内藤景太)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る