PR
PR

皇太子さま、パリの障害児施設に 子どもとダンスも

 【パリ共同】フランス滞在中の皇太子さまは11日午後(日本時間同日深夜)、パリの障害児施設「レ・ザミ・ド・カレン」を訪問された。

 6~20歳までの重複障害者のための施設で、約20人の子どもたちが出迎え。ダンスが好きという7歳の女の子が突然、皇太子さまの両手を握り、左右に揺らしてダンスを始めると、皇太子さまも、にこやかな表情で動きに合わせていた。

 その後、アニマルセラピーとして子どもたちが馬に乗る様子も視察。

 夕方には日本にゆかりのあるフランス人らと懇談。パティシエのピエール・エルメ氏には「日本人のパティシエを育てていただいていることに感謝します」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る