PR
PR

音別発電所2号機が停止 釧路

[PR]

 北海道電力は11日、音別火力発電所(釧路市、出力14万8千キロワット)の2号機(7万4千キロワット)で、ガスタービンの振動異常のトラブルがあり、緊急停止したと発表した。原因は調査中で運転再開の時期は未定。1号機(7万4千キロワット)を同日に再稼働したため、北電は節電目標や準備中の計画停電への影響はないとしている。

 同火発は1978年に運転を開始。老朽化で使用を限定していたが、胆振東部地震後の電力不足で2号機は7日に稼働していた。1号機は6日に稼働。7日にトラブルで停止後、修復し待機中だった。(栗田直樹)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る