PR
PR

総裁選、石破氏が論戦中断に不満 安倍氏はロシア訪問

 自民党総裁選(20日投開票)に立候補した石破茂元幹事長は11日、堺市で街頭演説し、安倍晋三首相(総裁)のロシア訪問で論戦の機会が中断されたことに不満をにじませた。「外交を行うのは自民党の責任だが、国民から逃げず正面から向き合うのも自民党だ」と述べた。安倍陣営は岸田文雄政調会長が広島で演説し、安倍氏の日本不在をカバーする。

 演説で石破氏は、首相が出席する国際会議に重ならない日程で総裁選を実施すべきだったと指摘。「今回は街頭演説の数もすごく少ない。広く国民に訴え掛けることをしない。良いことだと思わない」と強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る