PR
PR

節電に協力「サポーター」募集 経産省、企業や団体対象

[PR]

 経済産業省資源エネルギー庁は胆振東部地震による道内の電力不足に対応するため、節電に協力する企業、団体、自治体を対象に「節電サポーター」を募集し始めた。積極的な節電に取り組んでいることなどを自己申告して登録すれば、節電サポーターとして企業名が経産省ホームページ(HP)に掲載される。

 経産省は平日午前8時半~午後8時半の間、2割の節電を道内に呼びかけている。節電サポーターに登録する条件として、《1》照明を半分程度間引き《2》使っていない会議室や廊下の消灯《3》長時間離席する時はパソコンをスタンバイモードにする―といった節電策を求めている。

 経産省のHPから登録できる。10日午後8時半現在、95の企業などが登録した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る