PR
PR

キューバで日本人移住120年 記念コンサート開催

 【ハバナ共同】カリブ海の島国キューバに日本人が移住してから今年で120年となり、首都ハバナで9日、記念コンサートが開かれた。親日家の国民的歌手オマーラ・ポルトゥオンドさんも駆け付け、市民ら約200人が詰め掛けた会場は大いに盛り上がった。

 冒頭、実行委員会副委員長で日系3世のフランシス・アラカワさん(56)が「日本人を特徴付ける規律や正直さを残してくれた移住者への敬意を示すコンサートです」とあいさつした。

 現地在住のパーカッション奏者、河野治彦さん率いるキューバ人によるバンドが民謡「ソーラン節」などを現代風にアレンジして演奏した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る