PR
PR

予備費5.4億円を支出 被災地復旧へ閣議決定

[PR]

 安倍晋三首相は9日夜、官邸で開いた胆振東部地震に関する関係閣僚会議で、被災地の復旧や被災者の生活支援に向けて「あす予備費5億4千万円の使用を決定する」と表明した。予備費支出は10日の持ち回り閣議で決定する。

 政府は予備費を活用し、生活物資や病院の自家発電機で用いる燃料などの供給を行う方針だ。

 首相は会議で被災自治体の財政不安を解消するため、普通交付税の繰り上げ交付を迅速に進めるよう指示。「今後も復旧が進む中で必要な経費があれば、その都度手当てを行っていく」と強調した。(古田夏也)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る