PR
PR

米CBSトップが辞任 セクハラ疑惑で調査

 【ニューヨーク共同】米三大テレビ・ネットワークの一つ、CBSは9日、セクハラ疑惑で社内調査の対象になっているムーンベス会長兼最高経営責任者(CEO)が辞任したと発表した。理由は明らかにしていないが、米誌ニューヨーカーは9日、新たに6人の女性が同氏からセクハラを受けていたと報じた。

 CBSは社内調査の結果が出るまではムーンベス氏に退職金を支払わないとしている。後任のCEOが決まるまでの間、イアンニエロ最高執行責任者(COO)を暫定CEOとする。

 ムーンベス氏はCBSの看板番組を手掛けてきた米テレビ界の大物。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る