PR
PR

米中枢テロ墜落現場に記念碑完成 17年で、ペンシルベニア州

 【シャンクスビル共同】米中枢同時テロから11日で17年になるのを前に、犯人に乗っ取られたユナイテッド航空93便が墜落した東部ペンシルベニア州シャンクスビルの現場近くで、死亡した乗客乗員40人を追悼する高さ93フィート(約28メートル)の記念碑が完成し9日、記念式典が開かれた。

 同機には日本人大学生の久下季哉さん=当時(20)、大阪府豊中市出身=も乗り合わせて犠牲になっており、式典では米国旗などと共に日の丸も掲げられた。近くには事件に関する情報共有を図る見学センターが既に開館、記念碑の完成で一連の追悼施設の建設計画が完了した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る