PR
PR

上智大生殺害から22年 遺族が情報提供呼び掛け

 東京都葛飾区で1996年、上智大4年小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害、放火された事件から22年を迎えた9日、遺族らが現場近くの京成電鉄柴又駅前などで事件解決に向けてチラシを配り、情報提供を呼び掛けた。

 未解決殺人事件の遺族らでつくる「宙の会」や地元防犯団体のメンバーらが参加。順子さんの顔写真や「犯人の血液型はA型」などと事件の情報を載せたチラシを近隣住民らに配った。

 事件から22年を迎え、順子さんの父賢二さん(72)は「埋没している貴重な情報があると確信している。ささいなことでも情報提供をお願いしたい」と訴えた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る